ビジネスと消費者

	看護師

BtoC(消費者向け)のサービスとは

BtoC(消費者向け)という言葉は余り聞きなれない言葉です。それでもビジネスを行う企業にとっては、重要なサービスの基礎と言える事柄です。通常は、企業が物やサービスを提供する際に消費者や企業への売買で取引をします。また個人である消費者同士もオークションやイベント等で売買をする場合もあります。しかしここでは企業が消費者と売買を行うBtoC(消費者向け)と言われるシステムが、主な経済の流れです。BtoC(消費者向け)には、常に驚安商品が人気です。驚くぐらいに激安な物やサービスの事です。まったく同じ物を売る場合やサービスを提供する時に安い値段であれば、多くの消費者が購入します。それだけ驚安と言う言葉は、消費者の財布を緩める効果があります。しかし、企業側では利益を重んじなければ経営がなりたたなくなります。その為に激安・驚安を求める為に仕入れやコストダウンを行う経営のやり方や仕入れの方法を工夫する努力が必要です。例として、仕入れの商品を1円の原価や仕入れ値とします。それに運搬費や人件費は、企業の利益を上乗せする事で、3円での販売になります。これは一般的な販売価格ですが、小売店や自社の運搬会社を使用する事で2円はでの販売価格に抑えられます。そこからBtoC(消費者向け)の驚安価格での販売が可能になります。これが驚安の仕組みややり方です。それからスーパー等で驚安商品を販売する事で、集客率を上げる方法もあります。チラシ等でよく目にする目玉品で、多くの来店者を獲得するやり方です。この目玉品は赤字覚悟の商品ですが、集客数を上げる事で他の商品の購買につながります。このように驚安は、収益を倍増させてくれる効果が期待できます。

Copyright© 2020 面白さも最高のゲームバランスは、初心者でも遊べる感覚が嬉しい All Rights Reserved.